<身>の構造 : 身体論を超えて

市川浩 著

身体を精神との融合体として捉え、こころとからだの二項対立を超える「身」の概念を導入し、身と家と、家と社会と、社会と宇宙との入れ子構造を探り、錯綜する身体の構造に、中心を失った社会構造のアナロジーを見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 錯綜体としての身体
  • 2 「身」の構造とその生成モデル
  • 3 生きられる空間
  • 4 「身」の風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <身>の構造 : 身体論を超えて
著作者等 市川 浩
書名ヨミ ミ ノ コウゾウ
出版元 青土社
刊行年月 1985.1
版表示 新装版
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 479175543X
NCID BA31367488
BN00343159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85041522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想