ウィーン精神 : ハープスブルク帝国の思想と社会 1848-1938  2

W.M.ジョンストン 著 ; 井上修一 ほか訳

ウィーンには多様な民族が住み、自分たちの民族性をそこに持ち込み統合して<ウィーン気質>ともいうべきものを作り上げた。また、すぐれた人物がウィーンに出て活躍し、ウィーンの知的生活を豊かにした。ボヘミア・モラヴィアからはフロイト、フッサール、マーラー、ケルゼン、シュンペーターなど、ハンガリーからはヘルツル、ヘルツカなどである。これらの地域に独自の思想を探ってこそ<ウィーン精神>も明確になる。第2巻はとくにボヘミア、ハンガリーに照明を当てる。ボヘミアやハンガリーをも視野に収めてハーブスブルク帝国文化の全体像を描くのは、本書が初の試みである。本書が描き出そうとしているものは、まさにこの文化的複合体としての帝国の統一像に他ならない。それを、副題にもある通り、3月革命の起こった1848年から、オーストリアがナチス・ドイツに併合される1938年までの約1世紀間にわたって概観しようとしたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 ボヘミアの改革派カトリシズム(プラハのマルキオン派
  • ライプニツの調和の世界
  • フランツ・ブレンターノと門弟たち
  • ライプニツ思想の末裔
  • 貴族の平和運動家たち
  • 社会ダーウィニズム-ライプニツの伝統の崩壊)
  • 第5部 ハンガリーの幻想信仰(ハンガリーの社会と知識人
  • ハンガリーの生んだユートピアンたち
  • 知識社会学-ハンガリー人の常識から生まれた学問
  • 精神分析学者と映画評論家)
  • 第6部 現代を予言した人々(陽気な黙示録)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィーン精神 : ハープスブルク帝国の思想と社会 1848-1938
著作者等 Johnston, William M
井上 修一
岩切 正介
林部 圭一
ジョンストン W.M.
書名ヨミ ウィーン セイシン
書名別名 The Austrian mind

Uin seishin
巻冊次 2
出版元 みすず書房
刊行年月 1986.11
ページ数 687, 42p
大きさ 22cm
ISBN 4622017695
NCID BN00339821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想