日本寺院史の研究  中世・近世編

平岡定海 著

[目次]

  • 第1章 鎌倉時代に於ける寺院の成立と構造(南都寺院の復興
  • 大和国の神宮寺
  • 興福寺の法隆寺への進出
  • 達磨寺と放光寺)
  • 第2章 園城寺の成立と戒壇問題
  • 第3章 地方寺院の成立と構造(筑前国観世音寺の成立とその性格
  • 周防国阿弥陀寺の成立
  • 出雲国鰐淵寺の成立と構造)
  • 第4章 室町時代に於ける寺院の成立と構造(尾張国真福寺の成立
  • 尾張国妙興寺の成立とその寺領)
  • 第5章 安土桃山時代の寺院の成立-万広寺の成立とその性格
  • 第6章 江戸時代の寺院の変遷(東大寺大仏殿の再建
  • 新井白石と南都戒和上相論)
  • 史料(承明門院御忌中諸僧啓白指示抄
  • 大仏殿再興発願以来諸興隆略記)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本寺院史の研究
著作者等 平岡 定海
書名ヨミ ニホン ジインシ ノ ケンキュウ
巻冊次 中世・近世編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.11
ページ数 827, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4642010637
NCID BN00339537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89019817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想