新・岩波講座哲学  14

大森荘蔵 ほか編

[目次]

  • 1 「哲学史」の概念(ギリシアにおける「思惟と存在との同一」説の成立
  • 哲学史を溯る)
  • 2 フィロソフィアの伝統と形成(「認識」の出発
  • エレア派の問題提起とその射程
  • 原子論の誕生)
  • 3 学としてのフィロソフィアの確立(ソクラテスとソフィスト・弁論家たち
  • プラトン
  • アリストテレス)
  • 4 古代後期から中世へ(ストア派、エピクロス派、懐疑派
  • 新プラトン派
  • アウグスティヌスとキリスト教神学
  • スコラ哲学の意味
  • <自由三学科>の成立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・岩波講座哲学
著作者等 中川 純男
内山 勝利
小池 澄夫
山本 耕平
廣川 洋一
戸塚 七郎
斎藤 忍随
水地 宗明
真方 忠道
中村 雄二郎
大森 荘蔵
滝浦 静雄
藤沢 令夫
大森荘蔵ほか
書名ヨミ シン イワナミ コウザ テツガク
書名別名 哲学の原型と発展 : 哲学の歴史1

Shin iwanami koza tetsugaku
巻冊次 14
出版元 岩波書店
刊行年月 1985.8
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 4000102346
NCID BN00338363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86000281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想