中世奥羽の世界

大石直正 [ほか]執筆 ; 小林清治, 大石直正 編

巻末: 中世奥羽略年表・参考文献目録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 中世の黎明 大石直正
  • 一 安倍氏以前 / 2
  • 奥羽の平安時代史をどうみるか / 2
  • 奥六郡の成立 / 4
  • 九・十世紀の蝦夷叛乱 / 7
  • 蝦夷と交易と叛乱と / 8
  • 二 前九年・後三年合戦の意義 / 10
  • 六箇郡の司、東夷の酋長 / 10
  • 前九年合戦の参加者 / 14
  • 「つわもの」たちの対立抗争 / 16
  • 三 中世的郡・庄・保の成立 / 19
  • 中世的「郡」の成立 / 19
  • 開発と保の形成 / 21
  • 国衙とその周辺 / 24
  • 摂関家領庄園と平泉藤原氏 / 25
  • 四 平泉政権をめぐって / 29
  • 平泉と国衙 / 29
  • 陸奥・出羽押領使の系譜 / 32
  • 俘囚の上頭、東夷の遠酋 / 34
  • 布と馬と金の庄園 / 37
  • 鎌倉幕府と奥羽両国 入間田宣夫
  • 一 文治五年奥州合戦と中世国家 / 42
  • 日本六六ヵ国総動員令 / 42
  • 西海と東奥 / 45
  • 東夷成敗権 / 48
  • 史料としての吾妻鏡 / 49
  • 二 奥羽両国の支配機構 / 51
  • 郡(庄・保)地頭職 / 51
  • 陸奥国留守職 / 54
  • 葛西氏と平泉 / 57
  • 出羽国のばあい / 61
  • 蝦夷管領 / 62
  • 三 先例の論理と開発の論理 / 63
  • 秀衡・泰衡の先例 / 63
  • 地頭の開発 / 66
  • 在地の抵抗 / 68
  • 四 北条氏所領の展開 / 72
  • 地頭支配の危機 / 72
  • 北条氏所領の内部構造 / 76
  • 蝦夷の叛乱 / 81
  • 南北朝内乱の中で 遠藤巌
  • 一 内乱と奥羽 / 84
  • 太平記は語る / 84
  • 元弘没収地の宿命 / 87
  • 二 奥羽の建武新政 / 90
  • 鎮守府将軍と秋田城介 / 90
  • 陸奥国府の構造 / 94
  • 国府から郡へ / 98
  • 三 両朝奥羽支配策の激突 / 102
  • 奥羽一体 / 102
  • 奥州総大将 / 105
  • 郡検断奉行職 / 108
  • 四 奥州管領と国人 / 111
  • 管領府の構造 / 111
  • 分郡の形成 / 115
  • 国人と蝦夷観 / 120
  • 国人の連合と角逐の時代 伊藤喜良
  • 一 国人一揆の雄飛 / 126
  • 五郡談合 / 126
  • 公方と国人 / 127
  • 一揆的状況と領主間協約 / 129
  • 御内書は語る / 132
  • 二 奥羽をめぐる二つの権力 / 134
  • 鎌倉府の奥州支配 / 135
  • 大崎満持の活躍 / 136
  • 幕府と鎌倉府の相剋 / 139
  • 三 「天下り」公方の栄華と落日 / 143
  • 禅秀の乱と奥羽 / 143
  • 鎌倉府と稲村・篠川公方 / 144
  • 京都扶持衆の動向 / 147
  • 篠川公方の特質 / 149
  • 十三湊の盛衰 / 151
  • 四 奥羽の室町的秩序 / 153
  • 奥州探題と羽州探題 / 153
  • 奥州探題と官途推挙 / 155
  • 余目氏旧記の世界 / 157
  • 書札礼と身分秩序 / 158
  • 奥州探題体制 / 162
  • 大名権力の形成 小林清治
  • 一 奥羽戦国期の展開 / 166
  • 伊達氏天文の乱 / 166
  • 同族並立-北奥羽- / 169
  • 父子相剋-南奥羽- / 172
  • 合従連衡 / 176
  • 二 地頭と在家 / 179
  • 舟迫の日記 / 179
  • 洲島館と森山館 / 183
  • 散田在家と名田在家 / 187
  • 地頭と在家との緊張 / 191
  • 三 大名権力の構造 / 193
  • 買地安堵制 / 193
  • 留守分限帳と伊達段銭古帳 / 197
  • 「旗下と郎党」 / 202
  • 野臥日記 / 205
  • 中世奥羽の終末 藤木久志
  • 一 天下の儀・私の儀 / 210
  • 日本の治 / 210
  • 侍道・国中の儀 / 211
  • 関奥停戦令 / 213
  • 奥羽一和 / 214
  • 停戦令に背いて / 215
  • 天下の儀・私の儀 / 217
  • 二 奥羽仕置 / 219
  • 会津進駐 / 219
  • 仕置の原則 / 220
  • 検地 / 221
  • 大名知行高の確定 / 223
  • 奥羽の一揆 / 224
  • 政宗と氏郷 / 225
  • 京儀を嫌い申す / 226
  • 奥郡仕置 / 227
  • 三 日本のつき合 / 230
  • 奥羽から日の本まで / 230
  • 東北国衆ことごとく / 231
  • 国替風説 / 233
  • 日本のつき合 / 234
  • 日本一の国とおの我等 / 235
  • あとがき
  • 附録
  • 中世初期陸奥・出羽両国の郡・庄・保一覧 / 2
  • 陸奥・出羽両国庄園一覧表 / 4
  • 中世初期陸奥・出羽両国の国守(付・鎮守府将軍、秋田城介)一覧表 / 7
  • 鎌倉期陸奥・出羽両国の郡(庄・保)地頭一覧表 / 20
  • 中世奥羽略年表 / 26
  • 参考文献目録 / 31

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中世奥羽の世界
著作者等 伊藤 喜良
入間田 宣夫
大石 直正
小林 清治
藤木 久志
遠藤 巌
書名ヨミ チュウセイ オウウ ノ セカイ
シリーズ名 UP選書 ; 185
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1978.4
ページ数 239, 34p
大きさ 19cm
ISBN 4130060856
NCID BN00335106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78016409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想