新・沖縄史論

安良城盛昭 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部
  • 第一論文 前近代の沖縄歴史研究をめぐる二、三の問題 / 8
  • 第二論文 沖縄史研究の諸問題(その一) / 31
  • はじめ / 31
  • 一 古琉球の辞令書と日琉同祖論 / 37
  • 二 近世琉球の石高 / 47
  • 三 「旧慣温存」期の理解について / 53
  • むすび / 59
  • 第三論文 沖縄史研究の諸問題(その二) / 61
  • はじめ / 61
  • 一 沖縄歴史研究と伊波普猷 / 63
  • 二 首里王府による祭祀の禁止と再編成 / 76
  • むすび / 86
  • 第四論文 ユイの歴史的性格とその現代的意義 / 87
  • はじめに / 87
  • 一 沖縄のユイ / 87
  • 二 世界史的規模で存在するユイ / 89
  • 三 ユイの歴史的性格 / 91
  • 四 消滅の傾向にあるユイ / 92
  • 五 本来のユイのもとでの労働交換 / 94
  • 六 奥部落の現行ユイの特質 / 96
  • 七 ヴェラ・ザスリッチへの手紙 / 98
  • 八 奥農業の課題 / 101
  • むすび / 103
  • 第二部
  • 第一論文 古琉球の「さとぬしところ」 / 106
  • はじめ / 106
  • 一 「さとぬしところ」をめぐる批判と反批判 / 106
  • 二 『沖縄県旧慣租税制度』批判 / 110
  • 三 渡口説批判 / 114
  • むすび / 120
  • 第二論文 進貢貿易の特質--転期の沖縄史研究-- / 121
  • はじめ / 121
  • 伊波普猷の「唐一倍」説批判 / 121
  • 進貢貿易の特殊構造 / 125
  • むすび / 128
  • 第三論文 地割制度の遺構としての津堅島の短冊型耕地形態 / 130
  • 一 地割制度研究史からみた本稿の課題 / 130
  • 二 文献史料からみた津堅島 / 133
  • 三 津堅島の短冊型耕地形態 / 139
  • 第四論文 勝連間切南風原村における地割制度 / 160
  • 南風原村の地割制度史料 / 160
  • 南風原村の地割制度 / 165
  • 第三部
  • 第一論文 琉球処分論 / 174
  • はじめ / 174
  • 一 版籍奉還なき廃藩置県 / 178
  • 二 ソテツ地獄と琉球処分論 / 187
  • むすび / 197
  • 第二論文 「旧慣温存期」の評価--金城正篤・西里喜行氏の見解の吟味-- / 212
  • はじめに / 212
  • 一 金城=西里説の基本的枠組 / 213
  • 二 基礎的史実の検討 / 218
  • 三 「旧慣温存期」の沖縄統治策の推移 / 225
  • 第三論文 「旧慣温存期」の評価・再論--西里喜行氏の反論にこたえて-- / 234
  • はじめに / 234
  • 明確に存在した明治政府の旧慣改革方針 / 240
  • 明治政府と沖縄産糖 / 256
  • 国税徴収額と国庫支出の県費 / 284
  • むすび / 325
  • 第四論文 『沖縄県史』刊行の意義と残された課題 / 332
  • 一 『沖縄県史」刊行の歴史的前提 / 332
  • 二 『沖縄県史』の特徴と編輯上の問題点 / 340
  • 三 『沖縄県史』の琉球処分論・「旧慣温存」論の批判的検討 / 353
  • 第四部
  • 附論一 沖縄歴史研究のこれまでと今後 新里恵二・安良城盛昭 / 390
  • 附論二 沖縄と歴史研究--転形期の課題を語る-- 高良倉吉・安良城盛昭 / 414
  • 附論三 九学会連合沖縄調査委員会編 『沖縄--自然・文化・社会--』を読んで / 443
  • 附論四 これからの沖縄研究 / 457
  • あとがき / 470

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新・沖縄史論
著作者等 安良城 盛昭
書名ヨミ シン オキナワ シロン
シリーズ名 タイムス選書 ; 9
出版元 沖縄タイムス社
刊行年月 1980.7
ページ数 495p
大きさ 19cm
NCID BN00334588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81034958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想