出雲信仰

石塚尊俊 編

縁結びの神として親しまれている出雲大社は、また福徳神としても広く信仰され現在に至っている。本書は、出雲大社の史的解説と出雲信仰の弘布に力のあった御師及び神在月の神集いの問題を追求し、初めて民衆信仰としての出雲信仰の展開と諸相を体系的に解明する注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 出雲大社の沿革(出雲大社の成立と発展
  • 出雲大社の神殿
  • 国造の土豪性と大社領)
  • 第2篇 出雲信仰と御師(出雲信仰の沿革
  • 出雲大社の檀所制
  • 出雲信仰と御師の廻国
  • 出雲大社の御師
  • 出雲阿国の研究)
  • 第3篇 神去来と神在祭(神送り・神迎えの問題
  • 出雲諸社の神在祭と禁忌
  • 神在祭論考
  • 龍蛇考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出雲信仰
著作者等 石塚 尊俊
書名ヨミ イズモ シンコウ
書名別名 Izumo shinko
シリーズ名 民衆宗教史叢書 第15巻
出版元 雄山閣
刊行年月 1986.8
ページ数 279p
大きさ 22cm
ISBN 4639005946
NCID BN00333687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86055306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想