カント

S.ケルナー 著 ; 野本和幸 訳

「カント哲学への最も信頼に足る手引き」としてカントの母国ドイツにおいても大きな反響を呼んだ、英国第一線の科学哲学者による批判哲学のあざやかな展望。読者をしてみずからカントの著作に取り組ませることを目的に書かれた本書は、同時に、哲学へのすぐれた導き手の役割を果すものとなるであろう。カントの提起した諸問題の中から現代の哲学的関心を惹くものに焦点があてられ、『純粋理性批判』に始まる壮大な批判哲学の体系が簡潔明快に論述されている。哲学の基本問題に今も昔も大きな相違がないとすれば、現代哲学と古典哲学の相互交流は、双方にとって大きな意義をもつであろう。そうした実りの、一つの例証が本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 批判哲学の構想
  • 第2章 空間・時間・数学
  • 第3章 ア・プリオリな概念の体系
  • 第4章 ア・プリオリな綜合的原則の体系
  • 第5章 形而上学の仮象
  • 第6章 道徳的経験についてのカントの説明
  • 第7章 道徳的経験の可能性と、科学および宗教との関係
  • 第8章 カントの美学的趣味の理論
  • 第9章 目的論的説明
  • 付録 カントの生涯と人となりについての若干の注釈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カント
著作者等 Körner, Stephan
野本 和幸
K¨orner Stephan
ケルナー ステファン
書名ヨミ カント
出版元 みすず書房
刊行年月 1977.7
版表示 新装版
ページ数 232, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4622049732
NCID BA47219377
BN00333086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77010176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想