中国の妖怪

中野美代子 著

皇帝の権威の象徴である龍や麒麟などの聖獣から孫悟空に至るまで、古代中国には数多くの妖怪が登場する。これらにこめられた様々の宇宙論的イメージは中国人のいかなる思考様式から生まれたのであろうか。著者は『山海経』を始めとする中国の文献や美術史学、文化人類学などの成果を駆使し、妖怪の「存在の論理」を読み解いていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 妖怪との出会い(中山王国文物展にて
  • 角の聖性
  • 妖怪のイメージ)
  • 2 龍の栄光と堕落(龍のイコノグラフィ
  • 龍の形態と生態
  • 文字のなかの龍
  • 文様のなかの龍
  • 天空の龍
  • 龍の聖と俗)
  • 3 霊獣と魑魅魍魎(朱雀と玄武
  • 麒麟と一角獣
  • 人面獣の秘密
  • 人魚の王国
  • 砂漠の水怪
  • 魑魅魍魎の世界
  • 妖怪の環境学)
  • 4 妖怪と漢の文化(鬼の登場
  • 変身の論理
  • 国家のなかの妖怪)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の妖怪
著作者等 中野 美代子
書名ヨミ チュウゴク ノ ヨウカイ
書名別名 Chugoku no yokai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1983.7
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004202353
NCID BN00333020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83050276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想