イギリス革命論争史

R.C.リチャードソン 著 ; 今井宏 訳

革命をおこした側、おこされた側、それぞれの立場と想いがあり、革命を肯定し、あるいは否定する歴史家には、それぞれの時代と環境とがある。革命と革命論と人間社会の本質とに冷静に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説-討論の文脈
  • 第2章 十七世紀-討論の開始
  • 第3章 十八世紀-歴史の政治的利用
  • 第4章 十九世紀-党派的論争から学問的歴史へ
  • 第5章 二十世紀1-十九世紀の遺産とその発展
  • 第6章 二十世紀2-社会と革命
  • 第7章 二十世紀3-地方ならびに地域研究
  • 第8章 二十世紀4-政治史、その連続と実験
  • 第9章 二十世紀-新しい展望と再定義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス革命論争史
著作者等 Richardson, R. C
Richardson, R. C.
今井 宏
Richardson R.C.
リチャードソン R.C.
書名ヨミ イギリス カクメイ ロンソウシ
書名別名 The debate on the English Revolution

Igirisu kakumei ronsoshi
シリーズ名 刀水歴史全書 2
出版元 刀水書房
刊行年月 1979.7
ページ数 330, 23p
大きさ 20cm
ISBN 4887080018
NCID BN00327662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79028477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想