実体概念と関数概念 : 認識批判の基本的諸問題の研究

E.カッシーラー 著 ; 山本義隆 訳

ドイツの哲学者カッシーラーによる、その哲学の出発点とも言うべき書。プラトン、アリストテレス、ライプニッツ、ケプラー、ガリレイ、ニュートンほかをたどり、数学的・自然科学的思惟構造の形成過程を、「実体概念」から「関数概念」への発展として跡づけ、近代科学の認識論的基礎づけを試みる。

「BOOKデータベース」より

数学的・自然科学的思惟構造の形成を、"実体概念"から"関数概念"への発展として捉え、近代科学の認識論的な基礎づけを試みる。『認識の問題』に始まり『象徴形式の哲学』へと結実するカッシーラーの足跡のなかでひときわ光彩を放つ記念碑的労作。昭和初年の抄訳刊行以来50年余をへだてて、その全訳がここに紹介される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 事物概念と関係概念(概念形成の理論によせて
  • 数の概念
  • 空間概念と幾何学
  • 自然科学的概念形成)
  • 第2部 関係概念の体系と現実の問題(帰納の問題によせて
  • 現実の概念
  • 関係概念の主観性と客観性
  • 関係の心理学によせて)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 事物概念と関係概念(概念形成の理論によせて
  • 数の概念
  • 空間概念と幾何学
  • 自然科学的概念形成)
  • 第2部 関係概念の体系と現実の問題(帰納の問題によせて
  • 現実の概念
  • 関係概念の主観性と客観性
  • 関係の心理学によせて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実体概念と関数概念 : 認識批判の基本的諸問題の研究
著作者等 Cassirer, Ernst
山本 義隆
カッシーラー エルンスト
書名ヨミ ジッタイ ガイネン ト カンスウ ガイネン
出版元 みすず書房
刊行年月 1979.2
版表示 新装版
ページ数 448, 18p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-02462-0
NCID BN00324052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79010852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想