日本考古学論集  1 (考古学の基本的問題)

斎藤忠 編

本巻は、考古学の基本的な諸問題をとりあつかった。ことに、学史的展望の中で、先学の考古学に対する定義や研究法等の考えを紹介し、現在の考古学の多彩な動向との比較の一助にした。近接の諸科学との関連の問題を重視し、なかでも化学との関連において,多くの研究者の見解をとりあげ、また埋蔵文化財にも視点を向けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学史的展望
  • 第1章 考古学の意義
  • 第2章 考古学の方法
  • 第3章 考古学の包括する課題(中世考古学の課題
  • 産業考古学の問題
  • 水中考古学と将来への展望
  • 情報科学とエントロピー)
  • 第4章 考古学と近接の諸科学(1)(歴史学と考古学
  • 歴史地理学における考古地理学の任務
  • 考古学研究における「民俗学的方法」
  • 地理学と考古学との接点
  • 歴史民族学の諸問題)
  • 第5章 考古学と近接の諸科学(2)(考古学と化学の接点
  • 花粉学と考古学
  • 考古学と土壌学)
  • 第6章 考古学研究における自然科学導入の諸問題
  • 第7章 埋蔵文化財

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本考古学論集
著作者等 斎藤 忠
書名ヨミ ニホン コウコガク ロンシュウ
書名別名 考古学の基本的問題

Nihon kokogaku ronshu
巻冊次 1 (考古学の基本的問題)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1986.10
ページ数 481p
大きさ 22cm
ISBN 4642076468
NCID BN00319948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86055322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想