思想の自由の歴史

J.B.ビュァリ 著 ; 森島恒雄 訳

今日、私たちは学問・信仰の自由など思想の自由を当然のことと考えている。だが、この市民的権利は長い歴史の中でごく最近になって獲得されたものであり、そのために数多くの血が流されてきている。本書は、近代民主主義社会を支える思想の自由がどのようにして闘いとられてきたかを、各時代の具体的な事例に即して明らかにした名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思想の自由とその反動勢力-序論として
  • 2 自由な理性-ギリシャとローマ
  • 3 幽囚の理性-中世時代
  • 4 解放の曙光-ルネサンスと宗教改革
  • 5 宗教的寛容
  • 6 合理主義の成長-一七・一八世紀
  • 7 合理主義の発展-一九世紀
  • 8 思想の自由の正当化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想の自由の歴史
著作者等 Bury, J. B.
Bury, John Bagnell
森島 恒雄
Bury J.B.
ビュァリ J.B.
書名ヨミ シソウ ノ ジユウ ノ レキシ
書名別名 A history of freedom of thought
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1983.5
版表示 改版.
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004120012
NCID BN00313125
BN01495651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83040269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想