祖先祭祀の歴史と民俗

田中久夫 編

柳田国男の『先祖の話』を火つけ役にして、日本民俗学は、祖先崇拝が日本文化の根底をなす信仰であるとの認識をもって盛んに研究されてきた。本書は、関西を中心とした若手民俗学者、日本史学者が中心となり、葬送・墓制、年中行事、氏神祭祀の三つを柱として、原始時代から現代まで通史的にその成立・展開をみるものである。文献だけでなく、またフィールドだけでなく、両方をとりいれながら新しい方向をうちだした意欲的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原始〜奈良時代の祖先祭祀
  • 平安時代の祖先祭祀
  • 鎌倉時代の祖先祭祀
  • 室町時代の村の祭り〔宮座〕
  • 江戸時代の祖先祭祀
  • 近・現代の祖先祭祀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 祖先祭祀の歴史と民俗
著作者等 田中 久夫
書名ヨミ ソセン サイシ ノ レキシ ト ミンゾク
シリーズ名 弘文堂入門双書
出版元 弘文堂
刊行年月 1986.3
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4335570333
NCID BN00305750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86027145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想