ラ・ロシュフーコーと箴言

田中仁彦 著

人間を強くかつ偉大なものとみなす古典的ヒューマニズムの代表的思想として、16世紀から17世紀のフランスにおいて1世を風靡したセネカへの徹底的批判から生れたのが『箴言集』である。パスカルと同時代に、人間を弱くはかない存在とみる全く新しい人間観を提出することで、古典的人間観にとどめをさしたラ・ロシュフーコーの、波瀾に富んだ生涯を辿りながら、箴言の生れた背景を探り、その真の味わい方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 武将から思想家へ
  • 第1章 王妃の騎士
  • 第2章 フロンドの乱
  • 第3章 ヴェルトゥイユの隠者
  • 第4章 『クレーヴの奥方』とともに
  • 終章 バロック的人生観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラ・ロシュフーコーと箴言
著作者等 田中 仁彦
書名ヨミ ラ ロシュフーコー ト シンゲン
書名別名 太陽も死も直視できない
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.4
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4121008014
NCID BN00302887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想