沖縄の歴史と文化

外間守善 著

沖縄は地理的に遠く、日本本土の趣きの異なる歴史と文化をもっているため、歴史を区切る概念も、文化を貫く美意識も、それらを表現する言語も、すべて本土的な尺度でははかれない。本書は、単に日本列島の一島嶼群として捉えるのではなく、広く太平洋文化圏の中に位置づけ、日本人および日本文化のルーツの1つともいうべき沖縄の歴史と文化を、諸分野の研究成果を取り入れながら紹介する、沖縄の実相を識るための入門書である。

「BOOKデータベース」より

沖縄史略年表・参考文献: p239~248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 太平洋文化圏の中の沖縄
  • 第1章 沖縄歴史のあゆみ
  • 第2章 沖縄の言語と文化
  • 第3章 神歌にみる宮古・八重山の歴史

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序章 太平洋文化圏の中の沖縄 / 1
  • 太平洋をめぐる諸文化 / 2
  • 沖縄文化への認識 / 8
  • 沖縄文化の複合性 / 12
  • 第一章 沖縄歴史のあゆみ / 19
  • 沖縄歴史の時代区分 / 20
  • 先史時代の沖縄 / 23
  • 歴史のあけぼの / 33
  • オモロにみる英雄たち / 38
  • 王国の成立と運営 / 54
  • 第二尚氏王朝の成立と運営 / 63
  • 海外交易の発展 / 68
  • 幕藩体制の浸透と沖縄 / 76
  • 琉球処分と明治の県政 / 82
  • 近代への目ざめ / 85
  • 国家主義の浸透と軍国主義への傾斜 / 87
  • 戦争体験と平和思想 / 89
  • 第二章 沖縄の言語と文化 / 93
  • 日本語の中の沖縄語 / 94
  • 沖縄文学の全体像 / 114
  • オモロとウタの世界 / 127
  • 神観念と世界観 / 147
  • 村の祭りと芸能 / 158
  • 宮廷芸能の成立 / 178
  • 沖縄の美とかたち / 184
  • 第三章 神歌にみる宮古・八重山の歴史 / 199
  • 宮古島の歴史と英雄たち / 200
  • 八重山の歴史と英雄たち / 222
  • あとがき / 237
  • 沖縄史略年表 / 239
  • 参考文献 / 246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沖縄の歴史と文化
著作者等 外間 守善
書名ヨミ オキナワ ノ レキシ ト ブンカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.4
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 4121007999
NCID BN00297186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想