精神発達と精神病理

北田穣之介, 馬場謙一 編

現代の精神科領域は新しい課題を背負っている。家庭内暴力やアパシー,境界例など従来の疾病概念や治療技法があてはまらない多種多様な病態の解明である。こうしたパーソナリティの発達障害が主題となる思春期・青年期の障害をめぐって,さまざまな仕事が成されている。その理論と実態はどのようであるか,本書では,現在この領域において有力な7人の理論を取りあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思春期の障害(A Winnicott,D.W.の早期人格発達理論と思春期やせ症)
  • 2 神経症と人格障害(A Abraham,K.のanal sadismと脅迫神経症
  • B Sullivan,H.S.の発達論から見たグループ・ワークの意味
  • C Mahler,M.S.の分離個体化とボーダーライン
  • D Guntrip,H.のシゾイドメカニズムと分裂パーソナリティ)
  • 3 精神病(A Klein,M.の精神分析理論と治療技法
  • B Jacobson,E.のうつ病理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神発達と精神病理
著作者等 北田 穣之介
馬場 謙一
書名ヨミ セイシン ハッタツ ト セイシン ビョウリ
出版元 金剛
刊行年月 1986.3
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 4772402314
NCID BN00294610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86039498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想