建築振動学

田治見宏 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 簡単な構造物の自由振動
  • 1・1 慣性力 / p1
  • 1・2 構造物の振動系へのモデル化 / p2
  • 1・3 一層建物の自由振動 / p4
  • 1・4 二層建物の自由振動 / p6
  • 1・5 1次振動数およびその振動形を求める反覆計算法 / p14
  • 第2章 減衰をともなう振動系
  • 2・1 粘性減衰 / p23
  • 2・2 履歴減衰 / p27
  • 第3章 簡単な構造物の外乱に対する応答
  • 3・1 地動を受ける一層建物 / p38
  • 3・2 地動が正弦波の場合 / p41
  • 3・3 共振現象 / p51
  • 3・4 起振機による強制振動 / p53
  • 3・5 二層建物の地動に対する応答 / p65
  • 3・6 有効質量 / p71
  • 3・7 一般の外乱に対する二層建物の応答 / p73
  • 第4章 ロッキング振動とねじれ振動
  • 4・1 地盤の等価ばね系 / p79
  • 4・2 ロッキング振動の固有振動数と振動形 / p81
  • 4・3 外乱によるロッキング振動 / p85
  • 4・4 ねじれ振動 / p92
  • 第5章 地盤-構造物系における波動伝搬
  • 5・1 弾性波の基本的性質 / p103
  • 5・2 表面層がある場合の弾性波 / p114
  • 5・3 波動法による高層建物の地震応答の求め方 / p119
  • 5・3・1 建物基礎における地動が与えられた場合 / p119
  • 5・3・2 建物への入射波が与えられた場合 / p122
  • 5・4 地下逸散減衰 / p125
  • 第6章 構造物の弾塑性振動
  • 6・1 構造物の弾塑性振動の意義 / p132
  • 6・2 正弦波地動に対する一層建物の弾塑性応答(近似解法) / p134
  • 6・3 正弦波地動に対する一層建物の弾塑性応答(厳密解法) / p140
  • 6・4 正弦波地動に対する二層建物の弾塑性応答 / p146
  • 6・5 倒壊現象 / p153
  • 第7章 構造物の地震応答計算
  • 7・1 建物の振動特性の算定 / p156
  • 7・2 応答スペクトル / p168
  • 7・3 応答計算法 / p175
  • 7・3・1 位相平面法 / p175
  • 7・3・2 線形加速度法 / p178
  • 7・3・3 Runge‐Kutta法 / p180
  • 7・4 地震応答を求める統計的方法 / p187
  • 付録1.
  • 付録2.
  • 参考書
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 建築振動学
著作者等 田治見 宏
書名ヨミ ケンチク シンドウガク
書名別名 Kenchiku shindogaku
シリーズ名 建築構造講座 ; 17
出版元 コロナ社
刊行年月 1965
ページ数 213p
大きさ 22cm
ISBN 4339051519
NCID BN00294359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65007094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想