キッチュの心理学

アブラアム・モル 著 ; 万沢正美 訳

キッチュとは何か。その言葉と概念、発生と歴史をたどり、《まがいもの》《のようなもの》としてつねに《真正なもの》と対比されつつ美術・音楽・建築・宗教等々、現代の社会と文化の発展を担い日常の様々な領域に生きるキッチュの現象の意味と機能を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キッチュとは何か
  • 第2章 日常生活への浸透
  • 第3章 キッチュと疎外-人間と物
  • 第4章 キッチュの類型学
  • 第5章 キッチュの原則
  • 第6章 キッチュの発生
  • 第7章 キッチュの生と文学
  • 第8章 音楽におけるキッチュ
  • 第9章 フォルムのキッチュとアンチ・キッチュ-機能主義
  • 第10章 機能主義の危機とネオ・キッチュ
  • 第11章 キッチュ及びネオ・キッチュの科学と宗教。善意の倫理学
  • 第12章 物の集合-ディスプレイ
  • 第13章 アイデア商品について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キッチュの心理学
著作者等 Moles, Abraham A
Moles, Abraham A.
万沢 正美
モル アブラアム A.
書名ヨミ キッチュ ノ シンリガク
書名別名 Psychologie du Kitsch

Kicchu no shinrigaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1986.5
ページ数 313, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-14056-3
NCID BB30995096
BN00292998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86041600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想