永遠の歴史

J.L.ボルヘス 著 ; 土岐恒二 訳

巨人ボルヘスが宇宙を支配する円環的時間を古今の厖大な書物に分け入って論じ、文学的伝統における様々な「反復」を言語の象徴機能や『千夜一夜』の翻訳者という具体例を通して語る。鬼才の多彩な文学的活動の基礎をなす形而上学的命題を知る上で必読の1冊。本邦初訳

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 永遠の歴史
  • ケニング
  • 隠喩
  • 循環説
  • 円環的時間
  • 『千夜一夜』の翻訳者たち
  • 覚え書2篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の歴史
著作者等 Borges, Jorge Luis
土岐 恒二
ボルヘス J.L.
書名ヨミ エイエン ノ レキシ
書名別名 Eien no rekishi
シリーズ名 筑摩叢書 298
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.1
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 4480012982
NCID BN00288538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86026382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想