経済史経営史論集 : 日本経済史研究所創立五十周年記念

大阪経済大学日本経済史研究所編

この本の情報

書名 経済史経営史論集 : 日本経済史研究所創立五十周年記念
著作者等 大阪経済大学日本経済史研究所
書名ヨミ ケイザイシ ケイエイシ ロンシュウ : ニホン ケイザイシ ケンキュウジョ ソウリツ ゴジュッシュウネン キネン
出版元 大阪経済大学
刊行年月 1984.12
ページ数 876p
大きさ 22cm
NCID BN00284253
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
わが国経済の近代化を支えた思想的基盤 : 江戸時代の反封建思想 藤井定義
トミーの栄光 : 慶応三年四公使上坂謁見と通弁米田桂次郎 金井圓
フランスの工業化過程の再検討 : 技術・人口・国民所得 竹岡敬温
フランス鉄工王ヴァンデルと明治維新の解釈 小林良彰
一六世紀初頭イングランド東部農村の状態 : 一五二五年ノーファク州ギャロウ郡の臨時税課税簿の分析 松村幸一
南海軌道の生誕と統合過程 : 南海鉄道と阪神電軌の対抗をめぐって 武知京三
墾田永世私財法の日本経済史的意義 三橋時雄
対馬藩の蒔高と間高 松下志朗
幕末期泉州岸和田領農村の糖業 三浦忍
幕藩制社会における農民的顕彰の一考察 : 代官佐役賀嶋兵介の事跡をめぐって 長野暹
日本経済史研究所所蔵『懸令雑書』について 藤村潤一郎
日清戦争後創設地方紡績会社の経営と合併 : 博多絹綿紡績株式会社の場合 岡本幸雄
明治前期大阪における同業組合の雇用規制 安岡重明
明治期の企業実像 : 広瀬宰平と藤田伝三郎を中心として 作道洋太郎
独占資本主義確立期における近畿農業の検討 : 労働・農産物両市場からの接近 三好正喜
秋月藩における匁銭の成立 : 近世九州の銭貨流通の一形態 藤本隆士
秋田藩における経済思想 : 『国産弁』の分析 藤田貞一郎
維新時の角倉与一とそのあと 寺尾宏二
薩摩藩郷士守屋家の「親類中」について 秀村選三
西京為替会社始末記 堀江保蔵
財閥経営者の準拠集団行動史 : 小倉正恒を中心として 瀬岡誠
農業経営の発達と寄生地主的土地所有 : 明治中・後期宮城県における 荒木幹雄
近世後期における住友家の公用金融 宮本又次
近世後期の年貢納入構造 : 河州土岐氏領の一村落を事例として 渡辺忠司
高槻藩の入箇騒動について 福山昭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想