バイオセンサー

軽部征夫 著

生物は、きわめて優れた分子識別能力をもっている。この機能を巧みに利用して化学物質の濃度を測定するバイオセンサーがいま注目をあつめている。これは、酵素、抗体、レセプター、微生物、動・植物細胞や組織などの分子識別機能をもつ生体材料と、電極や半導体デバイスなどのトランスデューサーを組み合わせたもので、生体関連化学物質濃度を選択的かつ迅速に計測することができる。すでに、酵素センサー、微生物センサー、動・植物細胞や組織を用いるセンサーなどが開発され、医療、工業プロセスや環境分野などで計測に利用されている。さらに微小化を進めることにより、将来、人工臓器、調理ロボットなどへの応用にと、夢の広がる分野である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物の化学感覚器官
  • 2 バイオセンサーの原理と構成
  • 3 酵素センサー
  • 4 免疫センサー
  • 5 微生物センサー
  • 6 バイオセンサーの新しい展開
  • 7 味・においセンサーへのアプローチ
  • 8 バイオセンサーの開発課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオセンサー
著作者等 軽部 征夫
書名ヨミ バイオセンサー
書名別名 Baiosensa
シリーズ名 未来の生物科学シリーズ 4
出版元 共立
刊行年月 1986.5
ページ数 116p
大きさ 19cm
ISBN 4320053281
NCID BN00281856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想