教育基本法はどこへ : 理想が現実をきり拓く

堀尾輝久 著

教育基本法は、次の問いにどう答えるか 教師は何を教えてもいいのですか。義務教育9年は、固定的なのですか。能力別学級は、教育基本法に反しませんか。なぜ教師の身分は保障されているのですか。「教科書検定」は「不当な支配」ではないでしょうか。臨教審の「個性主義」と基本法の「個人の尊厳」は同じことですか。教育基本法は、混迷を深める現在の教育をきり拓く武器です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問われる教育基本法の精神
  • 教育基本法はこうして生まれた
  • 教育基本法を読む
  • ゆらぐ教育基本法
  • 教育改革と教育基本法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育基本法はどこへ : 理想が現実をきり拓く
著作者等 堀尾 輝久
書名ヨミ キョウイク キホンホウ ワ ドコエ
シリーズ名 教育基本法
有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.3
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4641090629
NCID BN00280321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86032114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想