メキシコと日本の間で : 周辺の旅から

中岡哲郎 著

エル・コレヒオ・デ・メヒコで,日本の工業化の経験について講義をした1年間の旅と思索.年間70万に達するメキシコ・シティへの人工流入,100%をこえるインフレの重圧…発展途上国の底辺の生活と労働をみつめるところから,旅は始まった.いくつもの近代化政策がそこにおいて座礁した矛盾を解きほぐしつつ,その奥にあって生きて働く歴史的な重層構造を,著者の目は捉えていく.インディヘナの祭や集落におちる西欧中世の影,前近代的な伝統産業と米系資本の先進技術,両者の構造的な「落差」が社会的緊張をたえず生みだす.その圧力の下で屈曲を余儀なくされる工業化の意味を考えること,それは日本の近代化のプロセスを照らしだす鏡でもあった.

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ペドレガルに住む人びと-溶岩地帯の労働と生活
  • 「メキシコの治安について」-大使館通達とメキシコ社会
  • 殉教の壁画のある町で
  • パタンバンの祭-二つの空間の接点で
  • インフレを生きのびる
  • パラカイディスタの街
  • 労働集約的技術を求めて-工業以前の社会の工業化
  • 旅のノートから-落差のある構造について
  • 軍政と経済危機と
  • 地震のメキシコを想いつつ-発展途上国にとって工業化とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メキシコと日本の間で : 周辺の旅から
著作者等 中岡 哲郎
書名ヨミ メキシコ ト ニホン ノ アイダ デ
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.3
ページ数 296p
大きさ 19cm
ISBN 4000022482
NCID BN00278862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86034645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想