和歌文学とその周辺 : 池田富蔵博士古稀記念論文集

池田富蔵博士古稀記念論文集刊行会 編

この本の情報

書名 和歌文学とその周辺 : 池田富蔵博士古稀記念論文集
著作者等 池田 富蔵
池田富蔵博士古稀記念論文集刊行会
書名ヨミ ワカ ブンガク ト ソノ シュウヘン
書名別名 Waka bungaku to sono shuhen
出版元 桜楓社
刊行年月 1984.1
版表示 限定版
ページ数 431p
大きさ 22cm
NCID BN00274271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84026621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「傘松道詠」一首考 : 道元の新古今歌壇批判 杉尾玄有
「曽禰好忠集」の二、三の用語について 神作光一
「此の君」雑考 : 平安朝文学と『世説』序章 今浜通隆
「為兼卿和歌抄」の構想とその主題 池田 富蔵
「高階尚俊歌集」紹介と翻刻 渡辺憲司
『今昔物語集』巻二十四、和歌説話における歌語り性 高橋貢
『新三井和歌集』の考察 : 収載の新資料について 有吉保
万葉集における「みやび」の発生と展開 岡田喜久男
卞和が「血の涙」 : 『俊頼髄脳』から『今昔物語集』へ 宮田尚
和泉式部伝のいくつかの問題 森田兼吉
増田宋太郎 : 人と文学「序章」 岡本準水
小大進の和歌と説話 志村有弘
平安文学にみる色と自然の関連 伊原昭
心敬の前半生 島津忠夫
批評の自立 : あるいは『斎藤茂吉』(梶木剛著)へのアプローチ 安森敏隆
日本近代詩のなかのマリアたち : 高橋睦郎の場合 宮野光男
檜垣嫗集解 : 非遊女家集のこと 工藤重矩
歌集『一握の砂』評釈ノート : ノンセンス歌について 昆豊
漱石晩期の漢詩 : 『明暗』との関連を軸として 佐藤泰正
無言抄の語意義 平井秀
福田栄一と思索的抒情 大滝貞一
萩原朔太郎に於ける短歌の位置 : 諸歌人との比較による小論 中野新治
謡曲五題 中村格
道助法親王家五十首和歌における定家と家隆との歌 岩崎礼太郎
高階尚俊歌集 渡辺憲司翻刻, 高階尚俊(佐河田昌俊)
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想