薔薇十字の覚醒 : 隠されたヨーロッパ精神史

フランセス・A.イエイツ 著 ; 山下知夫 訳

17世紀、新・旧教諸国間の抗争が絶えないヨーロッパに突如とどろきわたった薔薇十字宣言。それは「魔術とカバラと錬金術」を原動力に、独自のユートピアに基づく新時代の幕開けを告げていた。その背後に潜むのは知識の秘密結社、薔薇十字友愛団。彼らの「見えない革命」は、ルネサンスと科学革命の時代をつなぐ、隠されたヨーロッパ精神史を形づくる…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 王家の婚礼-王女エリザベスとファルツ選帝侯の結婚
  • 第2章 ボヘミアの悲劇-ファルツ選帝侯フリードリヒ5世の凋落
  • 第3章 薔薇十字運動の潮流-ジョン・ディーからボヘミアの悲劇へ
  • 第4章 ふたつの薔薇十字宣言
  • 第5章 第3の薔薇十字文書-『C・ローゼンクロイツの化学の結婚』
  • 第6章 薔薇十字哲学の代弁者たち-ロバート・フラッドとミハエル・マイヤー
  • 第7章 ドイツの薔薇十字騒動
  • 第8章 フランスを襲った薔薇十字恐慌
  • 第9章 イギリスでの薔薇十字展開-フランシス・ベーコンとその著作
  • 第10章 イタリアの自由主義者と薔薇十字宣言-パオロ・サルピからトマソ・カンパネラへ
  • 第11章 アンドレーエの薔薇十字解釈-キリスト教協会の結成とユートピア都市構想
  • 第12章 コメニウスとボヘミア薔薇十字騒動
  • 第13章 目に見えない学院から英国学士院へ
  • 第14章 薔薇十字的錬金術へのアプローチアシュモールとニュートン
  • 第15章 薔薇十字主義とフリーメーソン
  • 第16章 薔薇十字啓蒙運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薔薇十字の覚醒 : 隠されたヨーロッパ精神史
著作者等 Yates, Frances Amelia
山下 知夫
イエイツ フランセス・A.
書名ヨミ バラ ジュウジ ノ カクセイ
書名別名 The rosicrucian enlightenment

Bara juji no kakusei
出版元 工作舎
刊行年月 1986.7
ページ数 440p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87502-504-7
NCID BB2798547X
BN00265157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86052919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想