明治の文学

日本文学研究資料刊行会 編

この本の情報

書名 明治の文学
著作者等 日本文学研究資料刊行会
書名ヨミ メイジ ノ ブンガク
シリーズ名 日本文学研究資料叢書
出版元 有精堂
刊行年月 1981.12
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 4640300964
NCID BN00260743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82012656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「明治文学史」研究序説ーその覚え書き・不知庵の「現代文学」 平岡敏夫
『夏小袖』の構成と『金色夜叉』 伊狩章
仮名垣魯文論 浅井清
内乱期の文学ー農民蜂起とその主謀者の像をめぐって 亀井秀雄
叙事詩の時代 越智治雄
大衆文学前史ー速記本の誕生 興津要
川上眉山をめぐってー特に観念小説についてのおぼえ書 三好行雄
徳富蘆花 佐藤勝
徳富蘇峯の文学観 野山嘉正
政治小説と坪内逍遥 畑有三
文学極衰論前後 十川信介
文海・桃水・渋柿園の新聞小説ー戯作文学の投影の一断面 小池正胤
斎藤緑雨とその文業ー「近代」への「近代的」な批判者としての緑雨 関良一
明治における貧民ルポルタ-ジュの系譜 山田博光
明治歴史文学の原像ー政治小説の場合 前田愛
柳北「航西日乗」の原型 前田 愛
硯友社ー広津柳浪を中心に 塚越和夫
紅葉初期小説の方法ー新聞小説の観点より 土佐亨
美妙ノ-ト : 3 口語文体の発想とその理論ー円朝・逍遥・美妙 山田有策
美妙ノ-ト : 4 近代文学成立期における<物語>と<小説>ー「武蔵野」をめぐって 山田有策
花袋「東京の三十年」の再吟味ーその「KとT」の章について 岡保生
菊池幽芳素描 岡保生
解説 山田有策
近代文学史認識の留意点ー不知庵批評の問題を例に 野村喬
高浜虚子ー写生派文学論 相馬庸郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想