フランス文学にみる愛のかたち

窪田般弥 ほか編

愛は人類永遠の命題である。文学はさまざまな愛の主題と変奏を物語る。中世から現代に至るフランス文学の名作をとりあげ、そこに描かれた愛の様相を考察して、愛の真髄を語るエッセー集

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 修道僧と愛-「童貞」から結婚へ(鷲田哲夫)
  • 『ヴェルジー城の奥方』に見られる「愛」について(森本英夫)
  • ある友情-モンテーニュの『エセー』(井上登)
  • 名誉と愛-『ル・シッド』の場合(伊藤洋)
  • ディドロと愛の幻想-『1772年の3部作』をめぐって(市川慎一)
  • ある恋物語のヴァリエーション-レチフの生、夢そして小説(植田祐次)
  • 『谷間の百合』にみる愛の葛藤-霊の愛と肉の愛(加藤尚宏)
  • ネルヴァルの『オーレリア』-秘教的愛(安斎千秋)
  • アルフォンス・ドーデ『ル・プティ・ショーズ』にみる兄弟愛(富田仁)
  • ミラボー橋の恋-ローランサンとアポリネール(窪田般弥)
  • 愛と死と運命と-ロマン・ロラン『愛と死との戯れ』(清水茂)
  • マルローの小説にみるエロスと愛(堀田郷弘)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス文学にみる愛のかたち
著作者等 窪田 般弥
富田 仁
井上 登
書名ヨミ フランス ブンガク ニ ミル アイ ノ カタチ
書名別名 Furansu bungaku ni miru ai no katachi
出版元 白水社
刊行年月 1986.4
ページ数 291, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4560003106
NCID BN00257432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想