性と文化の革命家 : ライヒの悲劇

コリン・ウィルソン 著 ; 鈴木晶 訳

フロイトとマルクスの両陣営から破門された男の生涯に『オカルト』の著者が挑む。-わたしはライヒが嫌いだ。でも彼がもし正しかったとしたら…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. フロイトと出会うまで
  • 2. 無意識の発見
  • 3. オルガスムの機能
  • 4. 神経症のメカニズム
  • 5. 性解放と政治
  • 6. 生命力を求めて
  • 7. オルゴノン研究所
  • 8. 最後の局面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と文化の革命家 : ライヒの悲劇
著作者等 Wilson, Colin
鈴木 晶
ウィルソン コリン
書名ヨミ セイ ト ブンカ ノ カクメイカ
書名別名 The quest for Wilhelm Reich
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.6
ページ数 415p
大きさ 20cm
ISBN 448083575X
NCID BN00256065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86046342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想