脳と発達 : 環境と脳の可塑性

津本忠治 著

[目次]

  • 遺伝か生後環境か
  • 脳の発生と発達
  • 神経細胞の発生と神経回路の形成
  • 細胞死とその意義
  • 脳の発達と栄養
  • ヒトの脳はいつ頃働き始めるのか
  • 生後環境による視覚中枢の変化
  • 発達脳はなぜ可塑的なのか
  • 環境への働きかけの重要性
  • 高次脳機能の発達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と発達 : 環境と脳の可塑性
著作者等 津本 忠治
書名ヨミ ノウ ト ハッタツ
シリーズ名 シリーズ脳の科学
出版元 朝倉書店
刊行年月 1986.2
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4254100477
NCID BN00255594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86025952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想