体系物語文学史  第2巻 (物語文学とは何か 2)

三谷栄一 編

本体系は、平安時代から鎌倉時代にかけての物語について克明な分析・解釈を加えて俯瞰しつつ、一方で「物語文学とは何か」という問いに答えようとして編まれた。本巻は、物語文学の研究史の中に近年急速に興隆してきた新しい方法・主題への鋭利な論及や物語文学の行方と後世文学との関連、物語文学史の構想の論等を収録。今後の研究への先駆たることを期した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物語文学の場
  • 物語文学の時間
  • 物語文学の空間
  • 物語文学の話型
  • 物語文学の表現
  • 物語文学の冒頭・結末表現
  • 物語文学の語り
  • 物語文学の語り手
  • 物語文学の作者
  • 物語文学の視線
  • 物語文学の発想
  • 物語文学の登場人物
  • 物語文学の改作
  • 物語文学の行方
  • 物語文学と室町文学
  • 物語文学と安土・桃山文学
  • 物語文学と江戸文学
  • 物語文学と近代文学
  • 物語文学と国学
  • 物語文学史の構想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体系物語文学史
著作者等 三谷 栄一
書名ヨミ タイケイ モノガタリ ブンガクシ
書名別名 物語文学とは何か

Taikei monogatari bungakushi
巻冊次 第2巻 (物語文学とは何か 2)
出版元 有精堂
刊行年月 1987.2
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 464030451X
NCID BN00253602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87028845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想