冷戦と東南アジア

矢野暢 著

ベトナム戦争前史としての東南アジアの冷戦の論理。第2次大戦後、地域としての東南アジアは冷戦の政治力学によって造成されていく外部勢力の排除と介入への寛容性は交錯しフランスの尊大な植民地復活に端を発し英米の蒙昧な東南アジア政策によって、インドシナは「冷戦」象徴として浮上するベトナム戦争の複雑な歴史的背景基盤を多彩な論理操作によって実証的に解明する

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 冷戦と東南アジア
  • 1 <場>としての東南アジア世界
  • 2 「冷戦」象徴としてのインドシナ
  • 3 国際体系としての東南アジア
  • 4 冷戦の知識社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷戦と東南アジア
著作者等 矢野 暢
書名ヨミ レイセン ト トウナン アジア
書名別名 Reisen to tonan ajia
シリーズ名 叢書国際環境
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.5
ページ数 438p
大きさ 21cm
ISBN 4120014746
NCID BN0024930X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86040993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想