グラフ理論入門

R.J.ウィルソン 著 ; 斎藤伸自, 西関隆夫 共訳

グラフ理論は、今日では計算機科学、通信工学、電気・電子工学、経営工学等の基礎理論として欠くことのできない重要な概念であり、各分野への広汎な応用がなされている。本書は、きわめてわかり易く説明された入門的教科書である。数学的予備知識を全く仮定せずに簡明に書かれているので、大学初年級学生でも十分読み進むことができるようになっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 入門
  • 2 定義と例
  • 3 道と閉路
  • 4 木
  • 5 平面性と双対性
  • 6 グラフの彩色
  • 7 有向グラフ
  • 8 マッチング、結婚、Mengerの定理
  • 9 マトロイド理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラフ理論入門
著作者等 Wilson, Robin J
斎藤 伸自
西関 隆夫
ウィルソン R.J.
書名ヨミ グラフ リロン ニュウモン
書名別名 Introduction to graph theory. 3rd ed
出版元 近代科学社
刊行年月 1985.3
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 476490103X
NCID BN00239441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85037829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想