萩原朔太郎詩集

三好達治 選

「詩はただ病める魂の所有者と孤独者との寂しい慰めである」といい、ひたすら感情の世界を彷徨しつづけた萩原朔太郎は、言葉そのもののいのちを把握した詩人として、日本の近代詩史上、無二の詩人である。代表作『月に吠える』『青猫』等より創作年次順に編まれた本詩集は、朔太郎(1886‐1942)の軌跡と特質をあますところなくつたえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 愛憐詩篇(「純情小曲集」より)
  • 「月に吠える」抄
  • 「松葉に光る」抄(「月に吠える」拾遺)
  • 「青猫」抄
  • 郷土望景詩(「純情小曲集」より)
  • 「氷島」抄
  • 「散文詩」抄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 萩原朔太郎詩集
著作者等 三好 達治
萩原 朔太郎
書名ヨミ ハギワラ サクタロウ シシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1981.12
版表示 改版.
ページ数 476p
大きさ 15cm
ISBN 4003106210
NCID BA30111412
BN00238766
BN0104756X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82013844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想