近世交通史の研究

児玉幸多 著

近世の交通史研究はこれまで多く、関所とか本陣、あるいは助郷、飛脚など、部門ごとに進められてきて、政治や経済などと密接に結びつけられることが少なかった。そこで、交通史研究も対象を段階的に発展推移するものとして把握する必要を考えたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長野県北佐久郡内の中山道
  • 東海道品川宿
  • 神奈川県下の東海道
  • 近世宿駅制度における文政改革
  • 近世の上信交通
  • 三河の近世の交通路
  • 日光道中について
  • 伊勢参宮路
  • 近江の交通史雑感
  • 江戸伝馬の助成制度
  • 江戸伝馬町と甲斐九一色郷の係争
  • 会符の不正使用について
  • 一里塚
  • 元禄の道程書上
  • 朱印改め
  • 飛脚と手紙
  • 雲助
  • 飯盛女
  • 薩〓峠
  • 宇津谷峠
  • 大井川の渡河
  • 小夜の中山
  • ままならぬもの
  • 思い出の古道-関ケ原付近
  • 三国峠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世交通史の研究
著作者等 児玉 幸多
書名ヨミ キンセイ コウツウシ ノ ケンキュウ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.8
ページ数 485p
大きさ 22cm
ISBN 4480853162
NCID BN00236647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86054687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想