表現としての図書館

岡村敬二 著

国立国会図書館の初代副館長・中井正一が編集・発行した雑誌『土曜日』の編集論と、同じく中井が活動した家庭消費組合の組織論・実践論を援用しつつ、開かれた図書館への未来的な可能性を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書誌的世界観をめぐって
  • <表現>としての図書館-中井正一の軌跡にそって
  • 図書館の主体性とは
  • 書評論覚え書き
  • 参考業務の限界と可能性
  • 中井正一と図書館論
  • 京都家庭消費組合と中井正一
  • 『土曜日』の編集論
  • ジョン・ラスキンと中井正一

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表現としての図書館
著作者等 岡村 敬二
書名ヨミ ヒョウゲン ト シテノ トショカン
出版元 青弓社
刊行年月 1986.2
ページ数 214p
大きさ 20cm
NCID BN00227737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86035703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想