素粒子物理学の誕生

L.M.ブラウン, L.ホジソン 編 ; 早川幸男 監訳

[目次]

  • 第1部 序章(1. 素粒子物理学の誕生:1930‐1950年)
  • 第2部 理論的補強(2. 場の量子論の起源
  • 3. 場の理論とともに成長して:量子電磁力学の発展
  • 4. 日本における中間子物理学の発展)
  • 第3部 諸粒子の発見(5. 宇宙線研究の黎明
  • 6. 宇宙線粒子の解明
  • 7. Leprince‐Ringuetと彼のグループが1933年から1953年の間に行なった宇宙線研究
  • 8. "メソトロン"の崩壊(1939‐1943):未知の時代における実験)
  • 第4部 討論と評論(9. 日本における初期の素粒子論の特質)
  • 第5部 新しい描像(10. 私が行なった原子核乾板による中間子物理学研究
  • 11. 量子電磁力学のくりこみ理論:個人的考察
  • 12. 激変の時代の素粒子物理学:1947‐1952年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素粒子物理学の誕生
著作者等 Brown, Laurie M
Brown, Laurie M.
Hoddeson, Lillian
早川 幸男
ホジソン L.
ブラウン L.M.
書名ヨミ ソリュウシ ブツリガク ノ タンジョウ
書名別名 The birth of particle physics
出版元 講談社
刊行年月 1986.6
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4061396633
NCID BN00223044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86044141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想