動物-その適応戦略と社会  1

長谷川 政美〔ハセガワ マサミ〕;種村 正美〔タネムラ マサハル〕【著】

フィールドワークと数理的アプローチから社会生物学の体系を確立した新シリーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なわばりの生態とモデル(長谷川政美)-序論
  • 群淘汰と個体淘汰
  • なわばりをもつことによる利益とそのための出費
  • ゲーム・モデルと進化的に安定な戦略
  • なわばりの大きさの進化
  • なわばりによる空間分割のパターン
  • なわばりの空間パターンの統計(種村正美)-はじめに
  • 区画法
  • 距離法
  • 距離法データに対するモデルのあてはめ
  • 個体間の誘引・反発と空間パターン
  • 配置図データに対する経験的方法
  • 空間分割の統計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物-その適応戦略と社会
著作者等 種村 正美
長谷川 政美
書名ヨミ ドウブツ ソノ テキオウ センリャク ト シャカイ
書名別名 なわばりの生態学 : 生態のモデルと空間パターンの統計
巻冊次 1
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1986.3
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4486009088
NCID BN00218306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86041286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
なわばりの生態学 : 生態のモデルと空間パターンの統計 種村正美, 長谷川政美
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想