心の科学は可能か

土屋俊 著

私たちはなぜ認知科学を必要とするのか。心の科学を機能主義的に基礎づけ、心の文脈依存性に将来の課題を洞察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 心はどこにあるか-人間と機械における心の記述
  • 2章 機能主義への批判
  • 3章 表象主義の否定
  • 4章 心的概念の難しさ
  • 5章 心的概念の難しさの理由-結論に代えて
  • 補稿 心の科学と人工知能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の科学は可能か
著作者等 土屋 俊
平賀 譲
書名ヨミ ココロ ノ カガク ワ カノウ カ
シリーズ名 認知科学選書 7
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1986.8
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 4130130579
NCID BN00200129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86054173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想