バイオコンピュータ

甘利俊一 著

人間は脳とコンピュータという二つの思考する装置をもっている.いま,それぞれの長所を融合した新しい装置としてバイオコンピュータが注目されている.生体の神経回路網の働きや脳のソフトウェアを取り入れ,現在のコンピュータがいずれぶつかる限界を越えようというのである.本書はコンピュータの機能と,記憶を中心とする脳の仕組を解説したのち,多数の仕事を同時にこなし,しかも学習可能なバイオコンピュータをどう作っていけばよいのかを探る

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バイオコンピュータとは何か
  • 2 コンピュータと論理
  • 3 脳はどこまでわかったか
  • 4 脳のソフトウェアを求めて
  • 5 バイオコンピュータへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオコンピュータ
著作者等 甘利 俊一
書名ヨミ バイオコンピュータ
シリーズ名 New science age 17
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.3
ページ数 140p
大きさ 19cm
ISBN 4000076671
NCID BN00200060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86030506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想