星座と望遠鏡

前原英夫 著

本書は、古来人類がいだき続けてきた宇宙、星々へのつきることのない興味と研究の成果を、その歴史を交えながら紹介し、また宇宙・天文学における最新の動向と発見、さらに"現代の恐龍"ともいわれる大型望遠鏡の現状と将来の展望にわたって解説したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 星空を見よう
  • 2. 星座の世界
  • 3. 星の位置と距離を測る
  • 4. 星の光とスペクトル
  • 5. 望遠鏡の歴史
  • 6. 星の光を集める
  • 7. 望遠鏡を動かすしくみ
  • 8. 可能性を拡げる検出器と装置
  • 9. これからの望遠鏡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 星座と望遠鏡
著作者等 前原 英夫
書名ヨミ セイザ ト ボウエンキョウ
書名別名 Seiza to boenkyo
シリーズ名 Frontier science series 8
出版元 丸善
刊行年月 1986.7
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4621031031
NCID BN00188442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86049892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想