蝦夷

高橋崇 著

「蝦夷とはなにか」という問題を含めて、古代東北史の戦後40年間の研究は、質量ともに厖大なものがある。その中で多くの通説や定説が生れたものの、それらは必ずしも厳しい史実検証が行われたものとはいえない。本書は、最近の目覚しい考古学の成果を取り込み、数少ない史料を丹念に検討しなおして、古代史の中でも、最も深い闇の奥底に閉ざされてしまった"まつろわぬ民"蝦夷=古代東北人の実像と、その軌跡の解明を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古典の世界に蝦夷をみる
  • 第2章 古代東北、三つの文化
  • 第3章 蝦夷と古代国家
  • 第4章 蝦夷の抵抗
  • 第5章 俘囚・夷俘の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蝦夷
著作者等 高橋 崇
書名ヨミ エミシ
書名別名 古代東北人の歴史

Emishi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.5
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4121008049
NCID BN00181986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86042557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想