白山信仰

下出積与 編

白山信仰に関わる基本的文献の集成!-石川・福井・岐阜の3県にまたがる白山は、古来名山として著名である。とりわけ修験の霊場として、吉野・熊野とならび平安中期以降あまねく知れわたっている。本書は、白山の開創から中世・近世にいたる白山の歴史と信仰の展開と諸相を追究した学界待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 泰澄と白山
  • 第2篇 白山信仰の展開
  • 第3篇 白山信仰と在地
  • 第4篇 祭神論
  • 第5篇 白山信仰研究の回顧と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白山信仰
著作者等 下出 積与
井上 鋭夫
宮田 登
小林 一蓁
山岸 共
平泉 澄
桜井 徳太郎
河原 哲郎
浅香 年木
玉井 敬泉
書名ヨミ ハクサン シンコウ
書名別名 Hakusan shinko
シリーズ名 民衆宗教史叢書 第18巻
出版元 雄山閣
刊行年月 1986.5
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4639005725
NCID BN00174324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86040841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想