これからの気象観測 : 地上観測から宇宙からの気象観測まで

村山信彦 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 1章 気象観測の基礎
  • 1.1 気象現象のスケール / 3
  • 1.2 観測網の設定 / 5
  • 1.3 観測網の実際 / 8
  • 1.4 自動気象観測システム / 12
  • 1.5 気象観測の精度 / 17
  • 1.6 データ取得 / 20
  • 2章 地上気象観測の新しい技術
  • 2.1 気圧の観測 / 23
  • 2.2 気温の観測 / 28
  • 2.3 湿度の観測 / 29
  • 2.4 風の観測 / 37
  • 2.5 雨と雪の観測 / 43
  • 2.6 日射と日照の観測 / 46
  • 3章 低層大気の気象観測
  • 3.1 気象観測塔-タワー徴気象 / 60
  • 3.2 係留気球による観測 / 63
  • 3.3 海洋気象ブイ / 68
  • 3.4 低層ゾンデ / 71
  • 3.5 船上の気象観測 / 72
  • 4章 高層気象観測の進歩
  • 4.1 ラジオゾンデ観測 / 76
  • 4.2 定高度気球 / 80
  • 4.3 気象ロケット観測 / 84
  • 4.4 航空航法と航空機からの測風 / 86
  • 4.5 オメガ測風システム / 91
  • 4.6 航空機気象観測 / 93
  • 5章 地上ベースのリモートセンシング
  • 5.1 気象レーダ観測 / 96
  • 5.2 ドップラーレーダ / 99
  • 5.3 ソーダ(音波レーダ) / 101
  • 5.4 RASSレーダ / 106
  • 5.5 FM-CWレーダと超大型レーダ / 109
  • 5.6 ライダ観測-レーザによる大気探測 / 115
  • 5.7 赤外およびマイクロ波放射計 / 121
  • 6章 気象衛星観測
  • 6.1 気象観測衛星の進歩 / 125
  • 6.2 気象衛星観測の基本技術 / 130
  • 6.3 イメージング放射計による観測 / 137
  • 6.4 サウンディング放射計と鉛直分布観測 / 141
  • 6.5 静止軌道からの気象観測 / 151
  • 6.6 マイクロ波放射計による観測 / 155
  • 6.7 気象衛星データ処理 / 161
  • 6.8 衛星データ収集システム-DCS / 167
  • 6.9 太陽定数と放射収支の観測 / 169
  • 6.10 地球観測衛星による気象観測 / 173
  • 6.11 将来の気象衛星観測 / 179
  • 7章 総合気象観測システムを目指して
  • 7.1 GARP実験 / 184
  • 7.2 最適の全球観測システム / 186
  • 付録
  • I 気象の計測用語 / 189
  • II GMS/LRファックスの受画 / 194
  • III 気象観測衛星の概要 / 196
  • 参考文献 / 201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 これからの気象観測 : 地上観測から宇宙からの気象観測まで
著作者等 村山 信彦
書名ヨミ コレカラ ノ キショウ カンソク
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 12
出版元 東京堂
刊行年月 1983.1
ページ数 212p
大きさ 22cm
ISBN 4490200676
NCID BN00165232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84009239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想