憲法訴訟と人権の理論 : 芦部信喜先生還暦記念

芦部信喜先生還暦記念論文集刊行会 編

この本の情報

書名 憲法訴訟と人権の理論 : 芦部信喜先生還暦記念
著作者等 芦部 信喜
芦部信喜先生還暦記念論文集刊行会
書名ヨミ ケンポウ ソショウ ト ジンケン ノ リロン
書名別名 Kenpo sosho to jinken no riron
出版元 有斐閣
刊行年月 1985.9
ページ数 921p
大きさ 22cm
ISBN 4641030456
NCID BN00163066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86004191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「基本権訴訟」の可否をめぐって 棟居快行
「憲法変遷」についての一試論 岩間昭道
「第三者の権利を主張する当事者適格」再論 : ヘンリー=モナハンの理論の紹介と検討 渋谷秀樹
アメリカにおける「未婚の父」の権利と憲法 小林節
アメリカにおける司法的政策形成論の一考察 : M・ペリーの憲法的政策形成論を中心にして 大林文敏
アメリカ統治下の沖縄における法令審査 伊志嶺恵徹
カトリシズムの「国家と教会」論 前田光夫
スタンディングに対する「憲法上の要請」 : アメリカ判例理論の展開を中心にして 高橋和之
テクスト・解釈・客観性 : O・フィスの議論に即して 野坂泰司
厳格な合理性の基準 戸松秀典
基本価値論争について : 現代西ドイツ国法学界管見 日比野勤
基本権の侵害と比例原則 青柳幸一
宗教団体の内紛と司法審査 笹川紀勝
少年裁判手続における「保護・教養」の概念 : 「内務的」感化法と「司法的」少年法の確執 森田明
憲法典における自己言及 : A・ロスの謎 長谷部恭男
憲法訴訟の当事者適格について 安念潤司
憲法院と平等原理 : 判断方法を中心として 矢口俊昭
戦争放棄と国際政治 : 中国人の視座から 許介鱗
政教分離原則の法的性格 戸波江二
日本国憲法下の神社「非宗教」論 : 信教の自由をめぐる根本問題の考察 土屋英雄
法律の違憲審査における「挙証責任」 内野正幸
私学助成の合憲性 中村睦男
立法府の予測に対する裁判的統制について : 西ドイツにおける判例・学説を素材に 高見勝利
立法義務と違憲審査権 : 選挙権訴訟を素材に 野中俊彦
第八九帝国議会憲法論議一顧 : 「接収」された君民共治論・自主的改憲手続論前後 田中聖
裁判所による人権保障 : 現代国家におけるその意義と限界についての覚書 浦部法穂
青少年条例の思想 芹沢斉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想