情念の政治経済学

アルバート・O.ハーシュマン [著] ; 佐々木毅, 旦祐介 訳

[目次]

  • 第1章 どのようにして利益は情念に対抗すべく持ち出されたか(栄光の観念とその没落
  • 「ありのまま」の人間
  • 情念を抑圧し、そして管理して
  • 情念を相殺するという原則
  • 情念の調教師としての「利益」と「諸利益」
  • 新しいパラダイムとしての利益
  • 利益が支配する世界の持つ財産、すなわち、可測性と恒常性
  • 罪がなく穏和なものとしての金儲けと商業
  • おとなしい情念としての金儲け)
  • 第2章 なぜ経済の拡大は政治秩序の改善をもたらすと考えられたのか(この学説の構成要素
  • 関連しつつも、くいちがう見方)
  • 第3章 思想史のエピソードをふりかえって(モンテスキュー、スチュアートのヴィジョンはどこで誤りを犯したのか
  • 「利益の支配」対「プロテスタントの倫理」
  • 今日の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情念の政治経済学
著作者等 Hirschman, Albert O.
佐々木 毅
旦 祐介
ハーシュマン アルバート・O.
書名ヨミ ジョウネン ノ セイジ ケイザイガク
書名別名 The passions and the interests
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1985.9
版表示 新装版
ページ数 168, 2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-09985-4
NCID BB1622275X
BN00154983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86006802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想