文学評論  上

夏目漱石 著

英文学者・漱石が「18世紀英文学」のテーマで行なった講義。漱石は日本人としての主体性を鋭く自覚し、また堂々と貫きながら18世紀イギリスの作家と作品に、そうしてその背景をなす社会に切り込んでゆく。外国文学に関心をもつあらゆる人の必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 序言(専門の知識
  • 18世紀という語
  • 文学史は科学か ほか)
  • 第2編 18世紀の状況一般(歴史小説の例
  • 社会的要素としての文学
  • その重要なる度合 ほか)
  • 第3編 アヂソン及びスチールと常識文学(18世紀文学史の始め方
  • 1700年を基点とする
  • 当時の文学者の団体
  • スチーヴンの説明 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学評論
著作者等 夏目 漱石
書名ヨミ ブンガク ヒョウロン
書名別名 Bungaku hyoron
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1985.9
版表示 改版.
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 4003101170
NCID BN00925030
BN00126616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86002365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想