新・岩波講座哲学  12 (文化のダイナミックス)

大森荘蔵 ほか編

第12巻では、人間的生の具体的なかたちであり表現である文化が、哲学の問題として真向からとり上げられる。文化をできるだけ動的に捉えるため、原理論とともに、教育、性、遊び、機械とのかかわり、都市などをとおしての考察がなされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 <ふるまい>の位相
  • 2 文化における普遍と特殊
  • 3 文化解読のカテゴリー-記号論とカテゴリー論との間
  • 4 「人間の教育」とそのユートピア的構想
  • 5 性
  • 6 遊び
  • 7 芸術と記号作用
  • 8 機械と人間
  • 9 都市
  • 10 文化の変革
  • 11 伝統と創造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・岩波講座哲学
著作者等 坂部 恵
中村 雄二郎
大森 荘蔵
滝浦 静雄
藤沢 令夫
大森荘蔵ほか
書名ヨミ シン イワナミ コウザ テツガク
書名別名 文化のダイナミックス
巻冊次 12 (文化のダイナミックス)
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.1
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 400010232X
NCID BN00096468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86019107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想