消費社会の神話と構造

ジャン・ボードリヤール 著 ; 今村仁司, 塚原史 訳

他人との差異を示すためのファッション、インテリア、自動車からメディア、教養、娯楽、余暇、美しさ・健康への強迫観念、セックス、疲労、暴力・非暴力まですべては、消費される「記号」にすぎない。時代を拓いた名著に新たに「索引」と幻の原書初版から、ボードリヤール自身による写真2点を追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 モノの形式的儀礼(消費の奇蹟的現状
  • 経済成長の悪循環)
  • 第2部 消費の理論(消費の社会的論理
  • 消費の理論のために
  • 個性化、あるいは最小限界差異)
  • 第3部 マス・メディア、セックス、余暇(マス・メディア文化
  • 消費の最も美しい対象-肉体
  • 余暇の悲劇、または時間浪費の不可能
  • 気づかいの秘蹟
  • 豊かな社会のアノミー)
  • 結論 現代の疎外、または悪魔との契約の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費社会の神話と構造
著作者等 Baudrillard, Jean
今村 仁司
塚原 史
ボードリヤール ジャン
書名ヨミ ショウヒ シャカイ ノ シンワ ト コウゾウ
書名別名 La société de consommation
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1979.10
版表示 新装版
ページ数 322p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01116-7
NCID BB19571336
BN00080934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80002835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想