流星 : お市の方

永井路子 著

お市の方の兄である織田信長と、五年の月日を共に過ごし、四人の子まで授かった夫の浅井長政が、互いに裏切りあい、憎悪をあらわに激突した。お市は信長の天下への野望に共感しながらも、この兄の滅亡を願わずにはおられない。生き抜くためには親子兄弟でさえ争わねばならなかった戦国の世を、懸命に生きようとした女性の悲劇。

「BOOKデータベース」より

激動の戦国時代に、織田信長という風雲児の妹に生まれたがため、またその比類なき美貌ゆえに、お市の方は激しく厳しい運命を生きる。近隣の国々を切り従え、天下を狙う兄・信長。その兄と対決せざるを得ない最愛の夫・浅井長政との日々加速する抗争のはざまに身を置き、お市は苦難にみちた生涯の一歩を踏み出したのである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流星 : お市の方
著作者等 永井 路子
砂沢 学
書名ヨミ リュウセイ
書名別名 Ryusei
出版元 文芸春秋
刊行年月 1979.5
版表示 新装版
ページ数 2冊
大きさ 20cm
ISBN 4167200430
NCID BN00014088
BA71471077
BN07123332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79019612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想